スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【殿堂デッキ】ミュウドサイホウオウ【基本サイド先行命】

 このデッキを使用してとりあえず殿堂ベルト1枚獲得することが出来ました。

 「ポケモンカード ブログ」と検索すると上から5つ目以内には出てくるであろうのく夫さんのブログに載ってあったミュウドサイホウオウを拝借して、ほんのちょっとだけ弄った構築です。やはり若干運まかせであったり、息切れしたり、私のプレイングの問題でいまひとつ使いこなせなかったので一旦冷静に構築を見つめなおすためにも、あと感謝の意を込めて載せます。


ミュウドサイホウオウEX
ポケモン16枚
4 ミュウGr
3 ホウオウEX
2 ドサイドンLvX
1 レジアイス(DP5)
2 ディアルガ(DPs)
1 アンノーンG
1 アンノーンQ
1 ユクシー(DP5)(殿堂★★★)
1 アグノム(殿堂★)

エネルギー22枚
1 草エネルギー
1 炎エネルギー
1 水エネルギー
2 闘エネルギー
1 雷エネルギー
6 超エネルギー
1 鋼エネルギー
1 悪エネルギー
4 ワープエネルギー
4 レスキューエネルギー

サポーター12枚
2 N
2 ハンサムの捜査
2 オーキド博士の新理論
4 ハマナのリサーチ
2 ミズキの検索

グッズ10枚
2 時空の歪み
2 ワープポイント
3 ポケモンキャッチャー
2 研究の記録
1 パソコン通信

 このレシピを見たのはBW5が発売された後くらいでバトカニ春に向けて頑張っていた頃でした。ホウオウEXがこれほど上手い使われ方をしているのかーと思って作りたくなったのが始まり、ちょこっとずつ足らないカードを集めていきました。


 使ってみての解説。私がデッキレシピを見て思ったことなので製作者の意図とは違うかもしれません。

0.コンセプト及びポケモンの説明

 ミュウGrを封じ込めてくるのがディアルガG Lv.X。こいつの対策をしないと負け確定です。そのためのホウオウEXの採用。落としたエネをリサイクルしてアタッカーになれる便利屋的存在です。あと、序盤のミカルゲが邪魔なのでベンチへお帰りいただいてキャッチャーを使うためのレジアイス(DP5)。この子は能動的にホウオウやエネをトラッシュすることにも役立ちます。そのためハードクラッシュを利用せずとも序盤からディアルガ(DPs)のポケパワーを利用することが出来ます。そのディアルガ(DPs)は打点を安定させるカード。150ダメを確定させてくれます。あとはたね構築なのでおとす対策のアンGに逃げ対策のアンQ。ミュウGrは3クラゲでも登場しない限りエネを貼ることは無く、最悪置物を逃がすのを1ターン早めることが出来ます。

1.殿堂ポイント

 殿堂ポイントはユクシー(DP5)。正直殿堂ポイント3以上の働きをしてくれます。ハマナからのドローソースとして動きます。山を削るデッキに対してドローを多くするのは若干の疑問を感じなくも無かったですが、序盤にミュウGrを場に多く用意しないのと、デッキスペースの問題でサーチ系サポートのドローサポート化が必要でした。それを上手くこなしてくれるのがこのカードだと思います。またHP170のEX勢のHPが20だけ残った時に山を削ることなく20与えてさらにドローソースとして活躍してくれます。

 残りの1ポイントはアグノム(DP5)。のく夫さんとの違う点の1つです。採用理由は至って簡単で、「ドサイドンLv.Xが2落ちした時どうする!?」に対する答えです。自分でまわした時そんなことがあったのでこれは必要だと思って入れました。あとドサイだけでなく、ピン積みのユクシー(DP5)のサイド落ち保険、ミュウGrのサイド落ち保険とにかく運要素を減らしてくれる便利な1枚です。


2.エネ配分

 ホウオウEXを活躍させるためにとりあえずカラフルに1枚ずつでしょう。ミュウGrが場に残り続けないといけないのでレスキューエネルギー4積み、逃げコスが重いポケモンを場においておかないといけないのでベンチに下げるために4積み。最後に超をいくら積むかですが、ハマナ4積みはどう考えても確定なので、それを考慮してエネ自身とアクセスカード合計10程度がスペース的に良いかなというところでしょうか。あとは相手がカイリキーをロストしてくれることも考えられるので闘エネを1枚追加。ポイント変更でカイリキー(DPs)は進化して出てくることのほうが多かったのでここは超に変えてもいいかも。


3.サポ配分

 どう考えてもハマナ4積みは誰もが納得いくところでしょう。エネが手札に居座り続けてもらっても困るので、リフレッシュ系ドローサポのオーキドとNとハンサムの捜査を2枚ずつ。このデッキに限っては終盤のNも山を増やす意味で重要のように思いました。ここからが元構築変えた部分。BW環境にどっぷりに私はサポ10枚というのは不安で仕方が無いのです。あとドサイドンLv.Xを初手に引いてきた時に山戻すためのカードはリフレッシュ系(しかも若干の運も含む)の6枚のみでいいの?というのを両方うまいこと解決してくれるのがミズキの検索でした。とはいえ他に削るカードがなかなか見当たらず、研究の記録を2枚減らして今はまわしてます。


4.グッズ枠

 トラッシュに落ちてしまうポケモン(ホウオウEXを除く)を回収すべく、時空のゆがみ。先1よみおくりの手助け、置物をベンチへ戻すワープポイント2。ベンチに逃げたEXを仕留めるキャッチャー3。打点の安定化を計る研究の記録4から2へ変更。このあたりは元構築を参考にしました。全体の安定化を計れる壊れカードのパソ通を1枚入れました。このあたりは本当に回してみての相談だと思います。1パン命で、キャッチャーを使う場面がほとんど無いことを考えると3でも多いかもしれません。個人的にはミュウGrをはじめとするポケモンがトラッシュ落ちることが非常にイヤでした。そう考えると時空3~4積みや記録3~4積みも十分に考えうる選択肢だと思います。しかしまぁスペースのないこと。





 このデッキを使うことでまた色々と構築で考えられることが見えてきました。来週までにはもう一つ完成系の殿堂デッキを作ってみたいと思います。

スポンサーサイト

M2ゼクビールvol3【BW7】

なんとなくデッキレシピを晒してみる。自転車は決まれば強いけど腐ることが多いからやめた。ほとんど改良してないとか言わない。かゆいところに手が届くカードがBW7に入っていた+前々からピン積みしたかったカードがあるのでそれらを投入した改良。

・ポケモン15枚
3 ミュウツーEX
2 ゼクロム
1 ゼクロムEX
1 トルネロスEX
3 シビシラス(BW2)
1 シビシラス(BKZ)
4 シビビール

・サポーター14枚
4 アララギ博士
4 ベル
4 N

2 フウロ

・グッズ18枚
2 レベルボール
3 ハイパーボール
3 ポケモンいれかえ
4 ポケモンキャッチャー
2 しんかのきせき
1 まんたんのくすり
1 プラスパワー
1 ダウジングマシン(AS)

1 スカイアローブリッジ

・エネルギー13枚
9 雷エネルギー
4 ダブル無色エネルギー


まんたん1枚抜いてしまったZE

彼女が使いやすいように、ボールを使いやすくした構築・・・なのかな?フウロからの序盤展開でシビビを安定して立たせようぜってプラン。

後は最近ヤミラミをまた見る機会が多くなるんじゃないかってところ+M2カードゲームを若干有利に進めるべくプラパを投入。トルネで70に届くのはでかい。今まで何度入れたいと思ったカードだっただろうか・・・。とはいえピン積みが限度。きせき貼るミュウツーEXも珍しくなった印象。

ダウジングはそれぞれのサポorグッズの+1枚目に化ける。アララギで極力落とさないプレイングが必要だね。もちろんパソ通だと2個玉もってこれるからその分強いんだけども・・・。ピン積みカードが多い以上ダウジングを洗濯しないといけないんですわ。


理にかなった構築にしたつもりだけど、美しくないなww

ヤミラミダークライEXキュウコン

久々のデッキレシピな気がしますね。同じデッキの微調整ばかり書いてた気がします。


ポケモン12枚

3 ヤミラミ
3 ダークライEX
3 ロコン
3 キュウコン
1 ミュウEX

サポート13枚

3 アララギ
3 ベル
4 N
2 アクロマ
1 フウロ

グッズ22枚

4 どくさいみん光線
2 レベルボール
2 ハイパーボール
1 ポケモンいれかえ
3 ポケモンキャッチャー
3 ダークパッチ
2 悪のツメ
1 ゴールドポーション(AS)
1 すごいつりざお

3 タチワキシティジム

エネルギー12枚

8 基本悪エネルギー
4 ブレンドエネルギー 草炎超悪



 こんな感じ、炎弱点たちをメタるためのキュウコンが特徴。タチワキどくさいみん+たたりびで100点確定のコイン表で150点。1エネながらすごい火力を発揮する上に、特性で進化のタイミングでキャッチャー効果を持ちます。これもポイントが高い。

 ダークライEXは上記の積め要因としても優秀で、後ろの輝石なしのポケモンに100+30点、150+30点等で倒すことが可能。自身の攻撃性能もなかなかのもので、110+30点で有名どころの進化ポケモンを対処。30点を先に乗せておけばHP170の輝石なしEXを倒せるという寸法。


 こんな非常に攻撃的なデッキですが、なんか非常に扱いが難しい・・・。どくさいみんを打てないと火力がガタ落ちする点がとにかく辛かった。キュウコンで引っ張っても先にどくさいみんを手札に握ってないと対応に困る。あと感じたのはダークライEXを早いうちに立てておかないと確実に息切れをする。



 このあたりを改善するのが構築の課題になりそうです。

【デッキ晒し】M2ゼクビール【改良必須?】

そろそろ新環境だし、そもそも岡山のプレーヤー見てないだろうwwとか思って説明ほぼ不要のビールのデッキさらしでもしようかなと思います。BW5環境からあまり工夫してないので、ランドEXだけには注意ですわ。

・ポケモン15枚
3 ミュウツーEX
2 ゼクロム
1 ゼクロムEX
1 トルネロスEX
3 シビシラス(BW2)
1 シビシラス(BKZ)
4 シビビール

・サポーター11枚
4 アララギ博士
3 ベル
2 N
2 フウロ

・グッズ22枚
2 レベルボール
3 ハイパーボール
3 ポケモンいれかえ
4 ポケモンキャッチャー
2 しんかのきせき
2 まんたんのくすり
1 パソコン通信
3 自転車

1 スカイアローブリッジ

・エネルギー13枚
9 雷エネルギー
4 ダブル無色エネルギー


こんな感じになってます。シンプル構築で扱いやすいのが特徴だと思ってます。まあちょっとだけ説明。


・トルネロスEX
 ライコウEXとの選択枠だと勝手に思ってる。BW5からですけど、割と進化ベースのデッキが増えてきたように感じているのでとりあえず積んでおこうかなと。モノズやゼニガメ、シビビ、闘タイプ等有利に戦える相手は多い。完全に2個玉に依存できるので、中盤でも使いやすい器用なやつです。まぁ、出てこなくても十分闘える部分もあるが。さらにフウロの登場も追い風でスカイアローをサーチできてふきぬけるの60点が非常に現実的。一応パソ通で2個玉サーチ可。

・フウロ2自転車3
 サポ枠14枚の絶対信者()が削って入れた。フウロとランレシの交換、N2ベル1とじてんしゃ3の交換。フウロの存在はあまりにも大きく、キャッチャーや入れ替え等あまり要らないときもあるけど、必須な場面が絶対に出てくるカード達を持ってこれる。そして何よりも恩恵があるのが序盤。他のデッキでもやってるけど、フウロ→レベルボールの流れ。シビビが非常に安定して2~3体立つようになりました。あとはエネへのアクセスもしたいから、エネ転いれたいけどスペースない。アクセスカードと正真正銘のエネではやはり違う。
 じてんしゃについては最初いれてればいいやー的な感じで入れてたが、結構つかえる子。
①単純なデッキ圧縮ができる点。サポは1ターンに1枚なので圧縮の効果を持ちません。
②1ターンの幅が広がる点。単純に手札にサポがある状況でそのサポを使った後で、自転車が来ればその6枚、7枚以上のドロー効果がある。ハイパーボール、パソ通等で手札を減らすので結構現実的。
③終盤のN対策にもなりえる。
割とメリットいっぱいな子でした。あとはフウロがドロサポではないため、その穴埋めとしての期待は大きいです。いまのところそのような状況に陥ったことはないんですが、究極はフウロ→じてんしゃとかでもいいかな。まあ、じてんしゃつかって4枚になった後に次のターンのサポが手札にあることが多いんですが。


ポケモン等は大会で結果が出てる黄金率!?に合わせてるだけ。当面の課題はここ。最近あまりつかう機会ないけど、M2EX3枚はやっぱり安心なんだよねぇー。しかし一番の改良を考えるべきはここかと。とりあえず今ポケモンで考えてるのはバッフロンとライコウEX。ライコウEXはキャッチャーを意図的に節約できるのは大きいなぁーと。バッフロンは輝石ランドEXに100ダメ与えられて、ばらまきに強い子。



いれかえを3にしてるのを忘れてたのはひみつ。

【とにかく】シェイミEXホウオウEX【試したい】

昨日の閲覧者数が48人とぎりぎり50人に届かなかった悔しい。

シェイミEXを軸にしたデッキをとにかく作ってみたかったので課題すっぽかしてミヤネ屋見ながら作った、というのも昨日の話。DNで書いたけどこっちにも残しておこうと思う。

そもそもシェイミEXが扱い辛かったのは、BW3当初炎ポケが多かったこと、ゼクやトルネに対して1:2以下のサイド交換しかできなかったことがあるんじゃないかと。あとはゼクEX今は炎が息してない上に草弱点のEXも増え前より活躍しやすい環境にはある。あとは非EXに強いポケモンが増えたのも大きい。まあ、ものは試しですわ。草ポケの非EXはまともなのがいないので、あくまでシェイミEXは序盤の加速や終盤のアタッカーとして活躍してもらい、サブとしてホウオウEXに登場してもらいます。

ポケモン12枚
シェイミEX 3
ミュウEX 1
テラキオン 1
バッフロン 2
メロエッタ 1
マッギョ 1
ホウオウEX 3

サポート13枚
アララギ 4
N 3
ベル 4
フウロ 2

グッズ24枚
エネルギー転送 3
いれかえ 4
キャッチャー 4
ハイパーボール 4
パソ通 1
つけかえ 4
げんきのかけら 2

スカイアロー 2

エネルギー11枚
草 5
闘 3
超 2
炎 1

解説 初手はまさかのシェイミEXが理想。こうごうせいで後ろのテラキorバッフロンorシェイミEX に草エネを付ける。そこから頑張るっていう何の理論のかけらもないデ ッキ。後半のエネ不足や火力不足を回避するためにホウオウやつけかえを積みました。

エネルギー転送3枚は加速がないデッキのため確実に毎ターンエネを付けるたいために積みました。エネの色を選択できるのが強み。あとはフウロ込みで草エネを10枚近くにしたかった。後づけの理由だけどデッキ圧縮としてはDPのポケモン図鑑並みに優秀かと。フウロ採用のためデッキの中のドローサポが減ってるから圧縮はすべきかなとも思う。もし回らんかったらグッズからドロサポ枠に移動する。

シビビはシラスの時点でマッギョでつぶす気で。サイド2とられたらシェイミEXで。ミュウツーEX暴走はミュウEXとメロエッタ。雷と悪はテラキで返したい。カメケルは先攻前提でカメを狩りたい。中盤はメロエッタさんも頑張ってくれると期待。

色々狙ってみたけどまぁ無理だろうなぁ・・・。そもそもドロサポ11で回る気がしないんですがwwところでこれ書いてて思ったんだけど、構築の段階で超便利カードのパソ通はドロサポと数えるんだろうか。また深く考えてみよう。フウロさんはサーチしたターンサポ使えないからなしね。ダウンロードのポリ2でもいたら話は別だけどさ。

明日ジムチャレで試してくるおっお。

既にマッギョを2積みにしたり、プラパ積んだり、輝石積んだりしたい。
Twitter
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。