スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベルボール

こんばんは。今日は大学生を満喫してたせいでジムチャレいけなかった。

というわけで今回はタイトルになっているカード考察を。一応L環境ということで。

かなりお気に入りです。


・レベルボール:グッズ
自分の山札から、HP「90」以下のポケモンを1枚選び、相手に見せてから手札に加える。そして山札を切る。

思われるメリット、デメリットを上げていく。

※メリット
・テキスト通り、確定で1枚ポケモンを持ってこれる。(=プレイ時、2枚分のデッキの圧縮になる。)
・手札がどんな状況でも基本使える。(=ハイパーボールとの差別化)
・グッズなので何回でも使える。ジャンクアームで回収が可能。(=連発可能)
・山札の状況を確認できる。(=サイドの状況を確認できる。)


※デメリット
・EXや、HP「100」以上の進化ポケモンは持ってこれない。
・極々終盤には腐る。
・グッズロックされて使えない可能性がある。

といったところですかね。



また、同じような効果を持つものに
・ポケモンコレクター:サポート
自分の山札のたねポケモンを3枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

※メリット
・たねポケモンを3枚まで持ってくることが出来る。(=構築、プレイ時にデッキの圧縮として使える。)
・EXなどの大型ポケモンも気にせず持ってくることが出来る。
・山札の中を確認できる。

※デメリット
・テキスト通り、進化ポケモンは持ってくることが出来ない。
・ターン中、既ににサポートを使っていたならば、使えない。
・終盤には腐る。(ただし、山札からサーチしたポケモンをジャンクアームのコストにするなどの利用が可。)



このようなところでしょうか。単純にどちらが優れているということを決めるのはあまりよくないですが、展開力という部分に注目した時に、レベルボールがかなり優れていることが分かります。ポケモンを自由にサーチした後にさらにサポートのカードを使えるので、1ターンでの戦略の幅が広がりますし、次のターンの戦略も立てられます。ドロー系のサポートを使って、新たにレベルボールやジャンクアームを引いたならば、結局はポケモンコレクターと同等かそれ以上の行動が出来るようになります。

あと、HP「90」以下の有用な進化ポケモンに、代表的なポケモンで、シビビールがいます。他にも、ランクルス、マルマインGr、キマワリがいます。(もっといるとは思う。)これを簡単にサーチできるとなれば使わない手はないと思います。種ポケモンでもミュウGr、アブソルGrがいますね。そうでなくとも、進化ポケを立てるデッキなら種ポケモンサーチとして無駄なく使えることが大きいです。



いかがだったでしょうか?良い部分を強調しすぎた気もしますので、質問や意見や文句、異論を頂きたいです。コメントお待ちしております。
スポンサーサイト
Twitter
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。